キャリアアップ


全件表示TopRSSAdmin
information


スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

_____________________________________________________________

-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
八月納涼歌舞伎 第一部
2013 / 08 / 12 ( Mon )
歌舞伎座新開場杮葺落 八月納涼歌舞伎
第一部

DSC_0276.jpg
新版歌祭文
野崎村 一幕
 お 光  福助
 久 松  扇雀
 お 染  七之助
 久 作  彌十郎
 後家お常 東蔵

DSC_0277.jpg
新歌舞伎十八番の内
春興鏡獅子
 小姓弥生後に獅子の精 勘九郎
 胡 蝶 の 精    虎之助
 胡 蝶 の 精    鶴丸


中村家の兄弟が鏡獅子をやるというので(勘九郎と七之助でダブルキャスト。月後半は七之助)、これは観に行かなくては!とチケットを取っていってきました。
すごい満足でした。

◆『野崎村』
野崎村の久作の家では久作の後妻の連れ子お光が、かねてより慕っていた養子の久松との祝言を控え、嬉しさを隠せない様子。そこへ、久松が丁稚奉公をしていた油屋のひとり娘お染がやってきます。かつて恋仲だったお染と久松の心中の覚悟を知ったお光は自ら身を引き、尼となる決意をします。
迎えに来た油屋の後家お常の配慮により、久松は駕籠、お染は舟で別々に野崎村を後にする姿を、お光は涙ながらに見送るのでした。


と、まあ、何やら男と女の愁嘆場的な話なのですが、笑いありの面白いストーリーでした。
っていうか、お染をやってる七之助の美しいことっていったら…。

◆春興鏡獅子
江戸城の新年恒例行事である御鏡曳きの日。その余興として舞を所望された小姓の弥生は、恥じらいながらもさまざまな踊りを見せますが、祭壇に祀られた獅子頭を手に踊るうちに、獅子の魂が弥生に乗り移り、姿を消してしまします。やがて現れた獅子の精は、勇壮な獅子の狂いを見せるのでした。


勘九郎の女形姿。やっぱり七之助に似てますね。
弥生の時の舞もステキでしたが、やっぱり獅子になってからがよかった~。
もう、獅子が可愛くて仕方がありません。
獅子、お持ち帰りしたいですね。

やっぱり、七之助のも観たいな~。

_____________________________________________________________

18 : 06 : 27 | Theater | コメント(0) | page top↑
<<消費税 | ホーム | フォーレンダムでオランダの民族衣装を着よう♪>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。