キャリアアップ


全件表示TopRSSAdmin
information


スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

_____________________________________________________________

-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
F1 中国GP
2011 / 04 / 19 ( Tue )
はい。
週末に行われましたF1中国GPを最後まで見ました~。
そもそもですね…オープニングも少し見損ねまして、間もなくスタート…といったところからテレビを見始めたんで、その時にテロップで「ハミルトン トラブル!」みたいなのがあって、何があったのか、はらはらしながら見守っていました。
よくよく聞いたら、燃料漏れ? なんとかスタートラインについている…みたいな話で、その燃料漏れが本当に大丈夫なのか、レースにどう影響するのか? とにかくよくわからないままでした。
結局、きちんと処置できていたようで、影響はなかったようですね。

さて、レースの展開ですが…
ポールをとったのはベッテルで、2位がバトン、3位がハミルトンという位置関係でスタートをしたのですが、まずバトンがすっごいいいスタートを決めましたね。
ついでにハミルトンもうまくベッテルを揺さぶって、マクラーレンの1-2体制に。
新しいです。
前回、前々回はひたすらベッテルが逃げて逃げて逃げて…そのままゴールって流れでしたからね。

ピレリタイヤになって、確かに戦略によるレース展開の面白さはありますね。
耐久性がないため、タイヤ交換を2回にするか3回にするかで分かれるんですよね。
2回だとピットストップのロスタイムがないけど、タイヤにいたわったり、負担がかかり、タイムが伸びないというデメリットが。
3回だとピットストップのロスタイムはあるけど、タイヤをいたわるのはもちろんですが、スピードも出るし、ちょっと頑張っても大丈夫というメリットが。
ドライビングによって、あと、マシンの性能によってもタイヤの負担は違いますし、コースの状況とかもあるので、一概にこっちがいいとは言い切れず、ここは本当戦略次第って感じです。

今回のレースではベッテルのチームメイト、ウェバーは予選失敗で後方からスタートでしたが、予選であまり走らなかった分、新品タイヤを温存しておくことができたので、そのタイヤを使って、なんと3位表彰台に入りましたし、そういった戦略もありですよね。

上位陣だとベッテルが2回ストップ、ハミルトンやバトン、ニコ・ロズベルグとかが3回ストップをチョイスしていましたが、ベッテル、後半かなりきつそうでしたね。
思わぬところで、ハミルトンにオーバーテイクされるくらいに厳しかったんだろうな~と。

マクラーレンは最初のピットストップの戦略を失敗したと思いましたが(どう見ても、タイヤがきつそうだったハミルトンを先に入れたほうがよかったと思うし、そうしたら、レッドブルも準備されていなくて、バトンも間違えなかったと思う…)見事に盛り返しましたね!!

最後の最後までレースを楽しむことができました!!

ハミルトンの優勝は素晴らしい結果だと思います。

そして、可夢偉も運悪く予選でQ2敗退になってしまいましたが、見事に10位入賞。おめでとう!

次は5月のトルコGP。楽しみにしています。

_____________________________________________________________

11 : 37 : 18 | TV&Sports | コメント(0) | page top↑
<<現実逃避 | ホーム | 先週の遼ちゃん>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://yukarose.blog5.fc2.com/tb.php/3086-b1421da8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。