キャリアアップ


全件表示TopRSSAdmin
information


スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

_____________________________________________________________

-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
狂言の現在2009
2009 / 04 / 15 ( Wed )
毎年恒例の『野村万作 萬斎 狂言の現在2009』を見てきました。
今年も関内ホール。
なんか、おとといくらいに格安チケットの販売の案内がきたんですけど…。
やっぱり、不況だからでしょうか。

まずは萬斎さんのトークから。
私ももうこの狂言の会には何度も足を運んでいるわけで、関内ホールでの開催も何度もになっているので、萬斎さんも「初めての方はほとんどいらっしゃらないでしょうか」なんて言ってました。
『狂言への誘い』というタイトルの頃は狂言のあれこれの説明もありましたが、今日はそのまま話の説明に。

◆一曲目『鈍太郎』
<出演者>
鈍太郎:野村万作
下京の妻:深田博治/上京の女:竹山悠樹
<ストーリー>
3年ぶりに仕事で行ってたらしい九州から京都に帰ってきた鈍太郎。
ところが、その3年の間、妻にも愛人にも便りの一つも出していなかったらしい。
家に帰っても、愛人の家に行っても、本当の鈍太郎が帰ってきたとは思われず、もう男ができた!その男に襲わせようか!と脅されてしまい、追い払われる始末。
悲観した鈍太郎は出家して修行の旅に出ようとすると、本当の鈍太郎が帰ってきたらしいと聞いた妻と愛人が二人で出家を思いとどまるよう頼みに行く。
なかなか承知しない鈍太郎に懸命に詫びて引き留める二人に虫の良い条件をつきつけてみれば、やいのやいのと言ったものの、結局は承知する。
最後、妻と愛人に手車を作らせ、「これは誰が手車ぞ」「これは鈍太郎殿の手車ぞ」とかけあうのが非常に面白い。

これは私が初めて野村万作さんと萬斎さんの狂言の会に行ったとき(2002年)に見たものだったので、これ知ってる!!ってすぐに思い当りました。
そして、本当に楽しかった記憶が残っていました。
2回目見ても、全然色あせず、大笑いしちゃいました。
やっぱり万作さんの表情が本当にいいんですよね!!

◆二曲目『木六駄』
<出演者>
太郎冠者:野村萬斎
主:高野和憲/茶屋:石田幸雄/伯父:野村万之介
<ストーリー>
年の暮れ、奥丹波に住む主は太郎冠者に京都の伯父の元へお歳暮として六頭の牛に薪(木六駄)と六頭の牛に炭を積み、酒樽を添えて届けるように命じる。
雪降る中、12頭の牛を追いながら山中を進んでいくと、ようやく峠の茶屋にたどり着くが、お目当ての酒がない。
つい届け物の酒に手をつけて、飲んでしまう。
お酒の余興に…と鶉(うずら)舞を舞うところが見どころ。
酔った挙句、薪を茶屋にあげてしまい、残った炭だけを積んだ六頭の牛をつれて伯父を訪ねるが、手渡した書状に載っている木六駄と酒がないことがばれてしまい…

本当はお能をやる舞台で行われる狂言。
出てくる場所は長い廊下のような場所があるのだけど、関内ホールは普通の舞台で長さが全然足りないということで、そこはうまく演出でカバーしていました。
この見どころは牛追いのところと鶉舞。
鶉舞は酔った太郎冠者が舞うので、ヨタヨタとよろめきながら、鶉を弓で射る話を舞って見せます。
たくさんの鶉がいる。
弓で射ろうとするが、まったく動じない。
下手だと思っているだろうが、有名な弓の名人ほどではないが、腕には自信がある。
と射ってみるが、当たらない。
さらば、手で捕まえてやろう!と捕まえるが逃げられてしまった…という話。
酔っ払った太郎冠者がなんとも言えない動きをしていました。


今年の演目は二つとも本当に単純ないかにも狂言らしい話で、わかりやすく、面白かったです。
一緒に観に行ったURIKOもやっぱり年に一度は狂言見たいよね~って。
本当、やめられません(笑)

_____________________________________________________________

23 : 41 : 01 | Theater | コメント(2) | page top↑
<<そうだ髪切りに行こう | ホーム | 着物の予定が…>>
コメント
----

あ~狂言も能も最近全然ご無沙汰だな~
pipinも能舞台じゃない会場で何度か狂言を見ていますが、うまく演出しているので気になりませんよね(^o^)
pipinも久しぶりに萬斎さんと万作さんの狂言が見たくなりました~(*^0^*)
by: pipin * w2OyTPPU * URL * 2009/04/16 * 17:07 [ 編集] | top↑
--◆pipinさん◆--

お能も見に行かれるんですね!!
すごいです。
私は単純に狂言だけ…なんですよ^^;
それも能舞台で演じているのは見たことがなくて、毎回、ホールでの上演なのですが、それでもやっぱりうまく演出してて面白いな~って思います。
やっぱり万作さんも萬斎さんもステキでしたvv
by: Yuka * - * URL * 2009/04/17 * 14:42 [ 編集] | top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://yukarose.blog5.fc2.com/tb.php/2143-94631269
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。