キャリアアップ
FC2ブログ


全件表示TopRSSAdmin
information


レッドクリフ Part1
2008 / 11 / 12 ( Wed )
20081112230137
『レッドクリフ Part1』

監督:呉宇森
主演:トニー・レオン
    金城武

見てきました、レッドクリフ。
会社の三国志好きと製作段階から楽しみにしていたので、日本での公開が始まると、早く行きたくて。
その反面、演義を元にしているというので、不安材料もいっぱいだったのですが。
そんな不安は吹っ飛びました。
ネタバレは下に書くとして…。

映画を終えた後、結構あちこちから「私、三国志って知らないんだよね」っていう声が聞こえてきました。
まあ、カップルできていて、女の子が三国志を知らないというのはいいとしても、女の子同士できて、知らないって…。
まあ、三国志に全く興味のない会社のお姉さんも「レッドクリフ、楽しみ~vv レオンさま~vv」と言っていたので、そんなものかもしれませんが。
レッドクリフは三国志の本当一部を描いているだけ。
簡単に説明は最初入りますが、とにかく、出てくる人たちのそれぞれの関係を知っていたりするだけで、一層楽しめるので、これから観にいこうと思ってるけど、三国志を知らない人は触りだけでも調べていくことをオススメします(さわりだけ簡単に書いた三国志って知らないけど)。
深入りすると「え~、これ、違うじゃん」「これはありえん」って思うので、ま、あっさり調べていくくらいが楽しめると思います。
(いろんな三国志を一応読んでいるので、いろんな描かれ方をするということを理解していても、これはないっしょ…と思うところがいくつもありました……周瑜が最初から赤壁にいたりね…。それも本拠地とすっごい気楽に行き来してましたけど?)

ここからネタバレ。
以下、隠しておきます。
オープニング、日本語で説明が入ったので、間違えて吹き替えにしてしまったのでは…と不安になりました。が、考えてみたら出てくる文字も日本語。日本人向けに説明をいれたんですね。
すでに、曹操が悪者チック。
皇帝を擁立はしてるのは確かだけど…。
これは演義がもとだから仕方がない。

さて、本編。
とりあえず書きたいことだけ書きますよ。
まず、趙雲!
PART1の前半の見所といえば、この人の忠誠心。
阿斗(劉備の子)を抱えて敵軍の中を一人戦い守り主君のもとへ届ける!!
これ、すっごく楽しみにしていました。
私は蜀の人たちには本当興味がないのですが、唯一大好きな趙雲のこの行動が好きなのです。
阿斗さまはまだ乳幼児で、おくるみにくるまれている状態ですが、できたら、そんな阿斗さまに敬語で話しかけて欲しい!と思ったら、ありがとう、戸田さん(翻訳)。
「まいりましょう!」
かっこいい~~~!!
でも、みんなとの合流はもう少し一人で走って旅をする感じのイメージだったんですけど、あっさり合流して、一緒に戦っていましたね。
趙雲の戦闘シーンは緑葉の王子(@LotR)を彷彿させますね。
ありえん動きがあちこちに。
だって、あなた、馬に乗って走っている状態で飛んでくる槍を横でキャッチって…無理っしょ?
その上、なんか、滑るように前進してたけど…。
趙雲は命の恩人だから…というのもありますが、さりげなく周瑜になついているのがいい感じでしたね。
陸上戦のあとも周瑜の隣は孔明かと思ったら趙雲でなんか話してるな~とは思っていたんですけど。

続いて、やっぱり周瑜vv
ええ、大好きですよ、周瑜。
私の学生時代のHN(歴史系サイトでね)は周瑜でした(ここでばらさなくっても…)。
ああ、恐れ多い(笑)
トニー・レオンがやっているし、ひどい扱いはされていないだろう…とは思っていましたが、なにせ、演義を元にしていると聞くと不安はよぎります。
なにせ、周瑜は孔明に負けっぱなし。
孔明に軽くあしらわれ、一人でムキになって、完全に空回りですから。
赤壁の時はさすがに少しは周瑜もかっこよく書かれているんですけど、基本、どうすればいいんだ…と悩み、孔明にヒントをもらって、そうか!と火計を決めたりするくらい。
一応、映画では孔明と友人として描かれていると言うので、どうなっているんだろう…と思ったら、ちゃんとかっこよく描かれていました。
孔明ともお互い認め合ってるって感じ?
トニー・レオンがスマスマに出ているとき、わりと普通の人だな…って思ったんですけど、さすがは俳優さん。
周瑜の格好をして演技をすると、すごい覇気を感じるというか。
かっこよいです。
周瑜さんは優男で音楽を愛し、戦ったりできなさそうに見せかけて、さすがは大都督。戦っちゃうんですよね。
彼もありえないジャンプ力を見せていましたね。
回転しながらジャンプして、馬の上にいる人の首に矢を刺してましたよ。
無理っしょ。
そういえば、Part2の予告でもよく似たようなあれこれがあったように見えました。
全体的に素直ないい子だったので、もう少し腹黒でもよかったかもね。

話が出てきたついでに孔明。
金城孔明は予告の時から予想以上にいいんじゃないの?と思っていたら本当によくって、すっごく満足です。
演義に出てくる孔明とか本当に好きになれなくって、あんまり興味がなかったのですけど(ま、ようするに友達がいなさそうなタイプだ)、金城孔明は本当に生きている感じがして、その上かっこよかったんで、もう、満足です。
孫尚香(孫権の妹)を気に入ったご様子で…劉備が尚香にやられているときとか、予想して「あ~あ」って顔をしていたのに笑いました。
ついでに孔明様が育ててる鳩…どうやって連れてきたんだろう…とか。

孫尚香ちゃんは可愛いですね。
彼女が出てくるとほんわかと空気が和らぐのでよかったです。
もう、やることなすことが面白い。
魯粛を振り回して、魯粛を振り回して、魯粛を振り回してるところがめっちゃステキvv
私、こういうキャラ大好きです。
逆に女の子といえば小喬は美人だし、いい子なんだけど、ちょっとべたべたした感じが(包帯巻くときはさくさくやって欲しかった。なんで、あんなにねっとり…ww)。
惜しい感じ。

ええと、あと…孫権はすっごい私の中でツボでした。
ツボって、かっこいい~、きゃ~~!!ってことじゃなくって、自分の中の孫権像とはまったって感じかな。
こういう孫権はいいよvv(ダメダメな感じとか)
でも、目、青くなかったよね?
孫権って青目でしたよね~?
そこが惜しい。

はまってたといえば、張飛。
見た瞬間、これは張飛!!ってわかるくらい、ぴったりの役どころでしたね。
関羽も美しい髯がついているので、わかりましたけど。
私、関羽の曹操の前を余裕で去っていくとことか好きです。
戦わせてもかっこよい。
対して張飛の戦い方って…力技ですね。
ひたすら突っ込む。
なんか、野獣的。
ひどいっす~。
ここぞという戦いのシーンで武器を持たせてもらえないって…。

蜀チームのリーダー劉備。
あんまりパッとしない感じが劉備らしいのですが、あんな人にはちょっと人はついていかない気がするんですけど、どうですか?
ま、民を大切にする優しさに…ってことなのかな~。
それにしても。
覇気もゼロ。
劉備はこんなもんでしょうけど、まだ草鞋つくりをしているのはいかがなもんか。
草鞋つくりしか能がないと言われても仕方ないですよね。

敵方!!
といっても、曹操ですが。
私の中では曹操はいい男であってほしかった。
結局、もう漢王朝はダメなわけですよ。
わかってることじゃないですか。
曹操が生まれる前から始まった宦官と官吏たちとの軋轢とか、もうボロボロなわけですよ。
それでも皇帝を擁立するというのは、それだけで大義名分になるから。
こんなの、春秋戦国時代のあちこちであった臣下たちの争いでもよくあったことですよ。
結局、先に主君を保有したものに正義があるってこと。
これが必ずしも悪とは限らない。
知恵ですよ、知恵。
結局、後世に完全に悪者にされた曹操。
そのまんま、悪者っすね、曹操。
敵方でも、あっぱれな敵であって欲しかった。
天下統一するために攻めてくるというだけでも十分だったと思うのですよ。
小喬にそこまで固執しなくっても。
赤壁の戦いは普通に描いても十分ドラマティックで楽しめるし、小喬も普通に周瑜の奥さんってことだけで十分で、曹操が小喬を得るために南下してきた…なんてくだりは全く不要だと思います。

ま、あれこれと書きましたが(あれ、まだ書いてない人いたっけ?)、全体的にはとてもよい出来でした。
映像がとてもいい。
カットがいい。
2時間40分という長めの映画ですが、飽きることなく最後まで見ることができました。

あ、書いてない人、思い出した。
甘寧を元にしたという架空の人物、甘興。
やはり名前は甘寧の字、興覇(漢字あってる?)からですかね。
別に甘寧でいいじゃん…って思ったんですけど、なんでわざわざ架空の人物にしたんでしょうか。
そして、何より、中村獅童さんが微妙にあの中で浮いていた気がします。
なんかいまいちだ…。
海賊(江賊)あがりという設定だから、荒くれ者のイメージだからいいのかな~。
なんとなく、自分が持っている甘寧のイメージとはかけ離れていたので、ちょっと残念な感じでした(別に甘寧ではないんですよね)。

とにかく、面白かったです。
Part2が楽しみ。
最後の予告の時に前売り特典の案内で孔明キューピーやらが出てきたんですけど、その瞬間、男の人が「いらんよな~」ってつぶやいているのが聞こえました。
やっぱ、そうですよね~。
あ、でも、私、ちょっぴり周瑜キューピーと趙雲キューピーには興味が…(笑)
なんでキューピーなんだろうな~。
武器のストラップとかでもいいのに(BASARAの特典みたく)
孔明は扇で。
周瑜は琴?(既に武器じゃない)
基本はレディースデイ利用につき、前売りを買う予定もないですけどね。

_____________________________________________________________

23 : 01 : 38 | Movie | コメント(0) | page top↑
<<リップシールを買ってみた | ホーム | 映画>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://yukarose.blog5.fc2.com/tb.php/1873-e4513b64
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |