キャリアアップ


全件表示TopRSSAdmin
information


スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

_____________________________________________________________

-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
那須旅行レポ1日目
2008 / 09 / 16 ( Tue )
旅レポでもしてみるか…といったところで、まだ写真の取り込みとか全然やっていないので、文字だけで…(面白いのか!?)

朝…6時に家を出発。
最初、5時半と聞いていたような気がするのですが、まあ、いろいろあって、6時。
いつも通り、寝不足なので、後部座席で熟睡している間に、あっという間に東北道に入り、どこぞのSAに。
軽く休憩をして、一路、日光東照宮に向かいました。
9時半に到着したおかげか、さほど苦労することなく駐車場に車をいれて、れっつらごー!
なにやら、お祭りがあるのか、派手な衣装を身につけた人たちがたくさんいる…と思ったら、よさこい祭りでした。
かっこよいですよね、よさこいの衣装vv

日光東照宮は私は実ははじめて。
まず左手にある3猿…。
見ざる、聞かざる、言わざる
この猿の彫刻…私、てっきり、これだけだと思ったら、周りにずっと猿の彫刻がされていまして、人の一生を描いているんだとか。
面白いです。
この猿さんたちが彫刻されている建物には神馬が。
よく白い馬の置き物とかが奉納されていたりしますが、ここでは本物のお馬さんがvv
10時から12時の間だけこちらの小屋にきているそうで、ちょうど見ることができました。
可愛い白馬vv
ああ、神馬か。
ちなみに、ニュージーランドからきた子だそうです。

お手水をすませて、階段をあがると、陽明門。
すばらしい彫刻がず~~っとされていて、見ていて飽きないことから、日暮らし門とも呼ばれたんだとか。
鬼瓦がなにやら屋根上から覗いてみているような感じとか、すごいです。
陽明門はくぐってからも見所たくさん。
柱の一本は模様が逆向きになっているのですが、この模様が猿の顔にも見えることより、逆さ猿とも言われているとか(隣でガイドさんが説明しているのを盗み聞き)。
陽明門の先にある…ええと、何門だったかな。
こちらには昇り龍、降り龍が彫刻されている柱に屋根には昼の守りのなんとかの龍と夜の守りの恙がいるそうです(どれか判別できず)。
この門の裏側にはうさぎが彫刻されてて、なんでだろうと思ったら、徳川なんとかさんがうさぎ年だからだそうです。
なんとやら門はくぐれないので、右に向かうと、有名な眠り猫が…。
どんだけ大きいのやら…と思ったら、あまりに小さい小さい彫刻にビックリです。
それも、随分、かわいらしい。
え~~、なんかイメージ違う~~!!
眠り猫がいる門(?)をくぐって、200段もの階段をあがっていくと、奥宮…家康公のお墓があります。
ここで、神職さんが説明&お祓いをしてくれます。
ついでに商売も…
家康公のお墓の横に叶い杉という願い事が叶うという杉がありまして、その魂(だっけ?)が入った叶い鈴なるものをかなりプッシュしていました。
そんな中、父が大判を購入…。家宝にするそうです。

奥宮からまた200段の階段を下りて、今度は本殿に。
すっごい廊下に並んでいる…と思ったら、本殿の中に入ったら、また説明を受けます。
超絢爛豪華な本殿はなんと1年半で完成したそうです。
それにしても、日光東照宮の中はどこも彫刻とかが細かくあって、すごい!と思いますが、落ち着きませんね。
ここでの説明の最後にもまた白檀かなんかの売り込みを…。
日光東照宮、すんごい、商売熱心です^^;

本殿を出て、次に向かったのが鳴龍がいる薬師寺。
天井に大きな龍の絵が描かれていて、その下で拍子木を鳴らすと、龍が鳴くというのです。
龍の顔から外れたところで拍子木を鳴らしても、鳴きませんが、顔の下で拍子木を打つと…反響したように龍が鈴のような声で鳴きましたよ!!
とても美しい声。
でも、龍のイメージとはちょっと違いますね(笑)
そして、ここでも、商売の話を…。
この薬師寺にいらっしゃる干支の仏さま(かな?)のお守りをすすめられました。
ちなみに私は未年ですが、とても優しいお顔の仏さまで非常に満足です。

両親は日光東照宮には前にきたそうなのですが、なぜか時間がなかったそうで、駆け足で見たためにあまり記憶に残ってなかったらしいのですが、今日は満足いくまで見ることができました。

(と、長くなってきたので、以下、隠しておきます)
日光東照宮を後にした私たち。
那須にそのまま向かうのですが、途中、龍王峡というところを寄っていく事にしました。
それにしても、東照宮に向かう車の渋滞がすごすぎる…。
早くきて本当に良かったよね。
ちなみに、日光といえば、中禅寺湖ですが、こちらに行くと、帰れなくなる…と両親から猛反対を受け、いけませんでした。
母曰く「華厳の滝はただ水が落ちてるだけ」だそうで、違う滝に向かう事に。

龍王峡は本当に素晴らしかったです。
写メでも写真を送りましたが、虹見の滝では虹が見えましたよ!!
いいお天気でしたので、落ちる水しぶきに太陽の光がそそいで、キラキラと虹が出ていました。
龍王峡の眺めはまるで台湾で見たような…とても中国的な景色でした。
虹見の滝からちょこっと登ったところにある竪琴の滝にはちょうど誰もいなくて、光の入り方もとても綺麗で、感動しました。
滝は確かに水が落ちているだけですが、それだけではない美しさがありますよねvv

龍王峡を出て、今度はもみじラインに。
こちらは母が情報収集したときに穴場として紹介されていた道。
いろいろな種類のもみじがずっと連なる道で、紅葉の季節にはとても美しい道になりそうです。
また、途中には太閤下ろしの滝という滝もありまして、ここなんか、全然人がいなくて、おすすめ。
マイナスイオンもたっぷり浴びる事ができました。

もみじラインの途中から運転を代わりまして、久しぶりの運転なのに山道で、車間がいまいちわからず、結構厳しい感じでした。
まだ下り道じゃなくて、登り道でよかった~。
ず~~っと登っていくと温泉やらあれこれを通り抜けて、那須高原に。
那須に入ったら、新しくできたというアウトレットに向かってみたのですが、途中で大渋滞。
全く動かず、早く宿に行きたい父に「諦めろっ」と言われ、仕方なくUターン。
途中でスーパーに寄って、飲み物を購入して、ホテルに。
ホテルに向かう途中、反対車線には多分、帰り客だと思われる車の渋滞が3kmほどできていました。
恐ろしい。

今回の宿泊はラフォーレ那須。
母が意地で予約を取りました。
ホテルについたら、両親はとりあえず温泉に。
私はのんびりと部屋で待っていました。
ご飯前にお風呂に入ったら疲れちゃいますよ。

ディナーはイタリアン。
メインディッシュは選べたので、私と父はお肉を、母は海老を選びました。
どれも本当美味しかったですよ~。
詳細は写真と一緒に後ほど…。

食後、再度、アウトレットに再チャレンジ。
かなり暗い細い道を使っていくので、途中、何度も道に迷いかけました。
真っ暗なので、曲がる場所が全然わかりません。
よく見ると看板があって、ああ、ここで曲がるのね…っていうのがわかったくらいで、夜はなかなか厳しいですよ。
新しいので、まだカーナビに登録されてないし。
夕方は渋滞していたくらいですが、渋滞は全て解消し、アウトレットも駐車場待ちをせずに入ることができました。
それもそのはず、閉店まであと30分ですよ。
ダッシュで見て回るのですが…広すぎる。
結局、全て見きる事はできず…。
買えたのは、突如、思い立って、母がトラベルバッグを買ったくらいです。
これはいい買い物でしたけどね。

いや~、楽しかったですよ、夜のドライブ。
それにしても、アウトレット周辺はすっごい雨が降ったりやんだりしていたのですが、ラフォーレの方に帰ると全く雨の気配はなく、不思議。
ちょっとした違いなのに。
ホテルに帰ったら、お風呂に入りに行って、部屋に戻って酒盛り。
11時15分からはF1タイム。
なぜか両親も一緒に見ていましたが、途中で父が寝て、母が寝始めたので、諦めてPSPのワンセグで見るようにしたのですが、途中で充電が切れました…orz
かなり面白かったみたいなのに、見れなくて残念ですよ!!
だって、ベッテルが優勝って…。
そして、ドライバーズポイントはハミルトンとマッサが1ポイント差!!

そういえば、前回のハミルトンのペナルティについて、公式に見解を発表。
ショートカットして抜かしてしまった場合、先を譲ったとしても、少なくとも1コーナーは抜かしてはいけない…ということになったそうですね。

_____________________________________________________________

11 : 30 : 38 | Travel | コメント(0) | page top↑
<<那須旅行レポ2日目 | ホーム | 現在、無気力につき…>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://yukarose.blog5.fc2.com/tb.php/1801-eb0a4bc2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。