キャリアアップ
FC2ブログ


全件表示TopRSSAdmin
information


『スターダスト』
2007 / 11 / 09 ( Fri )
バイブリー@UK スターダストの世界…

映画『スターダスト』を見てきました。
前知識ゼロ。
前に映画を見に行った際の予告でおもしろそうじゃない?って友達と盛り上がって、その勢いで見に行く事にしました。
したのはいいんですけど、落ち着いてテレビの予告とか見たら、ちょっと失敗したかも…とか心配になりつつ見てきたんですけど、おもしろかったです。
ストーリーは割と単純(?)で
イギリスにあるウォールという町は魔法の世界と人間世界を区切るウォール(壁)がある町。
魔法世界との行き来は禁止されているのだけど、主人公の父親はそのタブーを乗り越えて魔法世界の女性と子供を作ってしまう。それが主人公トリスタン。
時は流れトリスタンも18歳。
想い人はいるけれど、ライバルが強く、ほとんど相手にしてもらえない。
想い人と一緒に過ごしている時、遠くに流れ星が落ちるのが見て、トリスタンはあの流れ星を彼女にプレゼントすることを約束して流れ星が落ちたウォールの向こう側へと旅立つ。

流れ星はテレビ予告でも描かれているけど、女性で、彼女と一緒にイングランド側へと帰るために旅を続けるのだけど、その間にいろいろあるわけですよ。
と、この辺りから隠しておきます。
興味がある方だけ、開いてみてくださいね↓
この映画の主題はとにかく「愛」なんだと思われます。
結局、トリスタンは流れ星と一緒に旅するうちに彼女に恋し、また、彼女もトリスタンを愛するようになるんです。
で、その愛の物語を邪魔するように流れ星の心臓を食す事で永遠の若さを得る事ができると魔女が流れ星を手に入れるためにアレコレしてきたり、偶然その世界の王が手にするとルビーに輝くという宝石を流れ星が持っていたために、後継者争いをしている兄弟が現れたりと、バタバタとしているわけです。
不思議なことはいっぱいありますが、魔法の世界での出来事…と思ってしまえば不思議なことは全くなく、素直に見れば素直に楽しめる映画でした。
特に海賊(空賊?)たちは最高にいい感じです。
副艦長だと思われる人が大好きです。
かっこいい~~~vv
また、後継者争いに負け死んでいった王子たちがゴーストとしてずっと残って喋っているのがまたおもしろい。
そういう小ネタがいっぱいある映画でした。
役者といえば…流れ星を演じていたクレア・デインズはとってもキュートでかわいいんですけど、ちょっと人間的過ぎたような気も。
ガラドリエル様ほどまでいかなくても、もう少し神秘的な雰囲気があったらよかったのに…。っていうか、そうしたら、愛に発展しないのか…。
それで思い出した。
流れ星とトリスタンが出会ったばかりの頃…流れ星が足を痛めているというのに、紐で繋ぐし、無理やり歩かせるし、ありえないほどひどい扱いでしたね。
普通に考えてありえんだろう…って感じ。
だって、この状態ってサムがゴラムをエルフの紐でくくって歩かせていたのを彷彿させるんですけど…。

そうそう。
写真はイギリスのコッツォルズ地方のお写真なのですが、映画を見た人ならすぐわかるはず!
そう、トリスタンのおうちはココにありましたね…。
コッツォルズ地方のバイブリーという小さな村で、世界一美しい村と言われている村なのです。
その他にもコッツォルズ地方のかわいい家々が出てきて、とってもステキ。
コッツォルズ地方の雰囲気はLotRで言うとホビット庄の雰囲気。
のどかで美しく、落ち着いたところですね。
またイギリスに行きたくなってしまいました。

今回の映画の感想も感想というかなんだかよくわからない感じになってしまいましたが(細かいところの突っ込みはなし)まあ、楽しかったのでヨシ♪
多分、DVDは買うと思います(笑)

_____________________________________________________________

23 : 22 : 02 | Movie | コメント(0) | page top↑
<<イヒっ | ホーム | 300円弁当…>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://yukarose.blog5.fc2.com/tb.php/1345-88a321b8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |